人を想うサービスを通して、心豊かな社会に貢献する

人生を変える メディアを創る
シニアマーケティングのスペシャリストがサポートします

人を想うサービスで
心豊かな社会の実現に貢献します
ソーシャルサービス

代表者挨拶

企業理念

人を想うサービスを通して、心豊かな社会に貢献する

株式会社ソーシャルサービスは、人間の原点欲求である「人を愛する、人に愛される」ことを軸にした事業を創造し、それらの事業活動を通して、心豊かな社会の実現を目指します。


社長挨拶

トートゥガナシの精神を、社会に贈る

「トートゥガナシ」とは古くから南西諸島で「ありがとう」の意味で使われる言葉です。先祖を祈る時にも、感謝の意を表す時にも、旅人に対しても使われます。自分の存在や周囲の存在に感謝をして、出会う相手や出会いそのものを尊び、すべてを敬うという底意がこめられた美しい言葉です。

当社は「人を想うサービスを通して、心豊かな社会に貢献する」ことを企業理念として、2005年に創業しました。先人達が繋いでくれた人生に感謝して、いまを謳歌する生き方を提唱したいと考え、この言葉に込められた想いを次世代に残していきたいと願っています。

利便性が追求される現代社会の中で、「人を想い、人に想われる」温かな時間を創出し、お客様から支持される企業になりたい。商品やサービスは「もの」ではなく「気持ち」の表れであることを大切にしたい。人が人を想うことで、社会の中にたくさんの幸せを増やしたい。

私たちができることに、全力で取り組んで参ります。

当社のサービスが、少しでも多くの方のお役に立てることを祈り、出会えた皆様に心から感謝をこめて、ご挨拶に代えさせていただきます。

今後ともより一層のご支援・ご指導のほど、よろしくお願い申し上げます。


2021年元旦

新年の挨拶

株式会社ソーシャルサービス
代表取締役社長 白形 知津江

新年、明けましておめでとうございます。

2020年は、世界中の歴史に残る一年となりました。当たり前だった日常が一瞬で変わり、見たことがない光景が日常になる。激動の年を経て、社員一同が揃って新たな2021年の始まりを祝せることを、心から嬉しく思います。

コロナウイルスに対する社会対応には賛否様々な意見がありますが、有事に最も必要なことは、方向性を指し示すこと。それが正しいか誤りかは、その時点では誰にも判断ができません。しかし、いち早く方向性を示し、そこに向かって行動を起こせるかどうかで、その先に見える景色が変わります。

2015年の元旦が、まさにその時でした。解散解雇か金を集めてくるかの選択を迫られ、それまで培ってきた全ての人やモノや事業を失い、赤字だけが膨らむリスタートを切ったあの日のことを昨日のように覚えています。真っ暗闇で、なにも見えない砂漠の真ん中に立ち、「あっちだ! あっちに行くぞ! 」と旗を立てることが、指導者のすべきことだと教えてくださったのは、日本最古の通販事業をV字復活させた偉大な経営者の方でした。

事業や社員を守れない悔しさに泣くばかりの私に、「社員は守るものじゃない、独立できるように育てるものだ」と諭して、ホワイトナイトとして解散の危機を救ってくれたのは、日本最年少の上場を果たした先輩経営者の方でした。
あれから5年。バラバラになった32人の仲間たちは、それぞれの新天地で新たな能力を身につけ、活躍しているという嬉しい便りが届くようになりました。真っ暗闇の中で、旗を立てたメディア事業は、新しい雇用を生めるようになり、多くのお取引先様とのご縁を賜ることができました。ここまで歩いてこれたのは、言葉にならないほど多くの方々のご支援があり、ともに汗と涙を流した仲間がいたからだと、心から感謝をしております。

昨年の緊急事態宣言により、多くの企業がテレワークを推進し、出張が制限され、他社との交流が激減しました。多くの中高年がステイホーム生活に入り、他者との触れ合いや会話のできない生活を余儀なくされ、今もなお、その生活が続いています。
このような環境下において、私たちのメディアは大きな反響をいただきました。企業誌として、郵便局マガジンとして、ご自宅に届くシニアマガジンとして、暖かな紙の質感を生かし、読者に語りかける、ライフスタイルを提案する、楽しみを提供する、わくわくする情報を届けることで、多くのおはがきが届きました。「気持ちが和らいだ」「楽しい気分になれた」「感動した」こんな声を多数いただき、少しでも社会に貢献できたのかと嬉しく感じますが、これもまた、メディア事業を営んでこれた賜物だと思うと、本当に感無量の心持ちになります。

病気も災害もあらゆる事象も、起きたことを変えることはできません。しかし、それをどう受け止めるかは、心の持ち方ひとつです。メディアには、心の持ち方を変えるチカラがあります。わたしたちの仕事は、人の心を動かす仕事。ゼロからイチを産み出すこともあれば、形になっていないものを形にし、言語化し、ビジュアル化することもある。埋もれている価値を磨いたり、引き出したり、組み立てたりして、エモーショナルにお伝えする仕事です。世知辛い世の中に、温かな感動が求められているとすれば、それを伝える使命があります。

だからこそ、今年、私たちは新たな挑戦をしたいと思います。当社を支えてくださった先人の方々のご恩に報いるものとして、事業を発展させ、永続的な存続に繋げていくための新たな挑戦をしていきます。あの日から、6年目となる今年が、再挑戦の第一歩です。

私たちに邁進する力と奮起する勇気を与え続けてくださる読者の皆さま、お取引先の皆さま、パートナーの皆さま、スタッフとご家族の皆さまに心からの感謝を込めて、そして皆々さまのご健康と安全を祈念して、新年のご挨拶とさせていただきます。