人を想うサービスを通して、心豊かな社会に貢献する

人生を変える メディアを創る
シニアマーケティングのスペシャリストがサポートします

人を想うサービスで
心豊かな社会の実現に貢献します
ソーシャルサービス

20.04.13 第25号は「春の新体験にどきどき」−折りたたみ式携帯ユーザー必読! この春、スマホに切り替えたくなる一冊−

<ニュースリリース>

2020年04月13日

全国の郵便局で配布するマガジン「ニッポンどきどき探訪」
第25号は「春の新体験にどきどき」
−折りたたみ式携帯ユーザー必読! この春、スマホに切り替えたくなる一冊−

株式会社ソーシャルサービス(本社:東京都千代田区霞が関/代表:白形知津江)は、郵便局の窓口で郵便局員が配布するオリジナル冊子「ニッポンどきどき探訪」の第25号となる「春の新体験にどきどき」を刊行いたしました。

日を追うごとに暖かくなり、春本番!この季節は何か新しいことにチャレンジしたくなる時期でもあります。「春の新体験にどきどき」は、新しい体験と脳の関係に迫るアカデミックな記事から具体的な“新体験”の紹介まで充実のコンテンツがずらり!

巻頭に登場するのは、テレビのバラエティ番組でおなじみの脳科学者・澤口俊之先生。「高齢だから認知症になるというのは間違い」と先生は語ります。いくつになっても脳は活性化するそう。そのメカニズムと、誰にでもできる「脳を元気にする習慣」を紹介します。

次のコーナーは、家計再生コンサルタントの横山光昭さんによる「家計のムダ見直し術」。お金の計算が面倒で家計の見直しは先送りにしがちですが、この春に、チャレンジしてみませんか。脳への適度な刺激となって活性化にも効果があるかも!?通信費の節約につながるお得なアイテムも掲載していますので、ぜひご一読ください。

後半は、「春の新体験」としてシニア世代におすすめしたい“スマホライフ”のご紹介です。折りたたみ式携帯の多くは、携帯キャリア各社の3Gサービスによって通信が可能となっていますが、この3Gサービスが2022年から2026年にかけて順次終了します。つまり、現在スマートフォン(スマホ)を利用していない方々は携帯電話が使えなくなってしまうのです。誌面には、無料で使えるスマホアプリの紹介記事と、スマホデビュー検討中の読者による「スマホ教室体験レポート」を掲載。友達との交流やお孫さんとのやりとり、日常でも旅先でもとにかく便利な“スマホライフ”をイメージしていただける、ワクワクが止まらない一冊です。


(右)無料で使える! 楽しい・便利なデジタル生活!
(左)はじめてのワクワク♪ スマホ教室体験レポート!


■「ニッポンどきどき探訪シリーズ」について


「ニッポンどきどき探訪」は、プロフェッショナルなスタッフが企業や自治体の魅力や、社会的課題などをテーマに、取材・編集したオリジナル情報誌です。全国100都市(地域選定可)から、最大約2万局の郵便局で、郵便局員が手渡し配布を行います。配布対象者は一般来局者であり、性別・年齢・地域の区分配布(セグメント配布)が可能です。有償制作となりますが、商品・サービス・地域の魅力を余すことなく引き出すメディアとなりますので、ご関心がありましたらぜひお問合せください。


【これまでの主なシリーズ】
「浜名湖のうなぎにどきどき」、「南房総市の週末ライフにどきどき」、「MCT(中鎖脂肪酸)にどきどき」、「栄養ケアにどきどき」、「節約術にどきどき」、「いわき市の常磐ものにどきどき」、「快適旅行にどきどき」「たましいの島与論島にどきどき」、「真っ赤なトマトの秘密にどきどき」、「国産野菜にどきどき」、「生涯活躍のまち 千葉県匝瑳市にどきどき」、「植物性乳酸菌にどきどき」、「発酵の恵みにどきどき」、「わたしの楽園 与論島にどきどき」、「ゆとりライフを楽しむオトナにどきどき」などを発行。

 

▼本件に関するお問合せ先

株式会社ソーシャルサービス
「ニッポンどきどき探訪」郵便局配布マガジン担当:坂本・大門・佐藤
TEL:03-6268-8577 FAX:03-6268-8578 Email:dokidoki@sc-sv.com
東京都千代田区霞が関3-6-5  霞が関三丁目ビル