人を想うサービスを通して、心豊かな社会に貢献する

19.02.05 第13号は「植物性乳酸菌にどきどき」 −植物性乳酸菌について、1冊にまとめました−

<ニュースリリース>

2019年02月吉日

全国の郵便局で配布するマガジン「ニッポンどきどき探訪」
第13号は「植物性乳酸菌にどきどき」
−植物性乳酸菌について、1冊にまとめました−

株式会社ソーシャルサービス(本社:東京都千代田区霞が関/代表:白形知津江)は、郵便局の窓口で郵便局員が配布するオリジナル冊子「ニッポンどきどき探訪」の第13号となる「植物性乳酸菌にどきどき」を刊行いたしました。

「植物性乳酸菌にどきどき」は、古くから日本人の食生活を支えてきた漬物などの発酵物に植物性乳酸菌が豊富であることを紹介。漬物のなかでも、京都の伝統的な漬け物の一種、すぐき(すぐきな)から植物性乳酸菌のひとつ、ラブレ菌(正式名称「ラクトバチルス ブレビス」 Lactobacillus brevis KB 290 株)がとれることがわかり、編集部は京都の漬物屋さんに足を運び、すぐきの収穫からすぐきを漬けるという貴重な体験を行いました。その一部は誌面でも紹介していますので、ぜひご覧いただければと思います。

トップを飾るインタビューは、女優の本上まなみさんが登場。健康を支える食生活についてお話を伺いました。京都在住の本上さんは、二児の母ですが忙しい毎日でも家族みんなで揃ってご飯を食べるというリズムは大切にしているそう。日々の生活で気になったことがあれば、まずは行動にでるという微笑ましいお話もたくさんいただきました。

日本にはその風土を活かした漬物がなんと600種類以上もあります。本誌ではその中からほんの一部ですが、全国から集めた漬物を掲載しています。どれも昔から日本人が日常的に食べていたものばかり。私たちは、自然と植物性乳酸菌を食していたことがわかります。
人気のマンガでは、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違いを分かりやすく解説。ヨーグルトやチーズからとれる動物性乳酸菌と野菜や米などの発酵食品からとれる植物性乳酸菌。その違いをきちんと把握しておくことで、私たちの今後の食生活がとても豊かになりそうです。

(右)植物性乳酸菌がたっぷり 日本の漬物、大集合!
(左)植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の違いって? マンガで分かりやすく解説

 

■「ニッポンどきどき探訪シリーズ」について


「ニッポンどきどき探訪」は、地域活性や、社会的課題などをテーマに、取材・編集したオリジナル情報誌です。全国100都市(地域選定可)から、最大約2万局の郵便局で、郵便局員が手渡し配布を行います。配布対象者は一般来局者であり、性別・年齢・地域の区分配布(セグメント配布)が可能です


【これまでのシリーズ】
第1号「浜名湖のうなぎにどきどき」、第2号「南房総市の週末ライフにどきどき」、第3号「MCT(中鎖脂肪酸)にどきどき」、第4号「栄養ケアにどきどき」、第5号「節約術にどきどき」、第6号「MCT(中鎖脂肪酸)にどきどき改訂」、第7号「いわき市の常磐ものにどきどき」、第8号「快適旅行にどきどき」、第9号「たましいの島与論島にどきどき」、第10号「真っ赤なトマトの秘密にどきどき」、第11号「国産野菜にどきどき」を発行、第12号「生涯活躍のまち 千葉県匝瑳市にどきどき」を発行。

 

▼本件に関するお問合せ先

株式会社ソーシャルサービス
「ニッポンどきどき探訪」郵便局配布マガジン担当:山田 正樹
TEL:03-6268-8577 FAX:03-6268-8578 Email:dokidoki@sc-sv.com
東京都千代田区霞が関3-6-5  霞が関三丁目ビル