人を想うサービスを通して、心豊かな社会に貢献する

19.02.04 第11号は「国産野菜にどきどき」 −こだわりの野菜について1冊にまとめました−

<ニュースリリース>

2019年02月04日

全国の郵便局で配布するマガジン「ニッポンどきどき探訪」
第11号は「国産野菜にどきどき」
−こだわりの野菜について1冊にまとめました−

株式会社ソーシャルサービス(本社:東京都千代田区霞が関/代表:白形知津江)は、郵便局の窓口で郵便局員が配布するオリジナル冊子「ニッポンどきどき探訪」の第11号となる「国産野菜にどきどき」を刊行いたしました。

「国産野菜にどきどき」は、野菜作りがライフワークのひとつという榊原郁恵さんへのインタビューに始まり、北海道・余市町でトマトジュース用に改良された日本で唯一のトマト品種「爽果(さやか)」を栽培する農業の現場レポート、タイプ別に野菜のお悩みを解決する記事や、国産野菜の商品を販売しているwebサイト「健康直送便」を紹介するマンガなど、国産野菜への理解と信頼が深まる1冊となっています。

タレント・女優として幅広く活躍する榊原郁恵さんは、10年ほど前に神奈川県・JAあつぎ主催の「農業塾」を受講したことをきっかけに野菜作りを始めました。安定して作り続ける苦労を知り、その土地で作ったものを味わう楽しみに気づいたそうです。また、通常のトマトよりも栽培が非常に難しい「爽果」を育てる農家の水尻宏明さんには、出荷に至るまでの苦労、「爽果」にこだわる理由、そして農業への情熱を語っていただきました。
「あなたの野菜のお悩みは?今日からできる解決法!」では、“不足する野菜を手軽に補いたい”など野菜についての悩みを5つのケースに分類し、料理研究家の先生にアドバイスしていただきました。野菜を使用した「ちょい足しレシピ」も紹介しています。

マンガ「健康バトンタッチ」では、厳選された6種類の国産野菜を使用したジュースが、栽培から出荷を経て消費者のもとに届くまでの過程を紹介。お客様に健康をお届けしたいという作り手の強い思いが伝わります。その他、「知って得する野菜のひみつ」など、野菜に関する興味深いコンテンツが盛りだくさんです。

(右)農業の現場から 水尻宏明さん 4~5 ページで紹介
(左)あなたの野菜のお悩みは? 今日からできる解決法! 8~9 ページで紹介

 

■「ニッポンどきどき探訪シリーズ」について


「ニッポンどきどき探訪」は、地域活性や、社会的課題などをテーマに、取材・編集したオリジナル情報誌です。全国100都市(地域選定可)から、最大約2万局の郵便局で、郵便局員が手渡し配布を行います。配布対象者は一般来局者であり、性別・年齢・地域の区分配布(セグメント配布)が可能です


【これまでのシリーズ】
第1号「浜名湖のうなぎにどきどき」、第2号「南房総市の週末ライフにどきどき」、第3号「MCT(中鎖脂肪酸)にどきどき」、第4号「栄養ケアにどきどき」、第5号「節約術にどきどき」、第6号「MCT(中鎖脂肪酸)にどきどき改訂」、第7号「いわき市の常磐ものにどきどき」、第8号「快適旅行にどきどき」、第9号「たましいの島与論島にどきどき」、第10号「真っ赤なトマトの秘密にどきどき」を発行

 

▼本件に関するお問合せ先

株式会社ソーシャルサービス
「ニッポンどきどき探訪」郵便局配布マガジン担当:坂本・佐藤
TEL:03-6268-8577 FAX:03-6268-8578 Email:dokidoki@sc-sv.com
東京都千代田区霞が関3-6-5  霞が関三丁目ビル