人を想うサービスを通して、心豊かな社会に貢献する

17.06.15 創刊!「ニッポンどきどき探訪」 全国の郵便局で配布する地域創生マガジン

<ニュースリリース>

2017年6月吉日

全国の郵便局で配布する地域創生マガジンがスタート
「ニッポンどきどき探訪」シリーズ

株式会社ソーシャルサービス(本社:東京都千代田区霞が関/代表:白形知津江)は、郵便局の窓口で配布する、地域の魅力発信を目的としたオリジナル冊子「ニッポンどきどき探訪」のサービスを開始いたしました。

「ニッポンどきどき探訪」は、地域特産品の普及啓蒙(ブランド強化・販路拡大)、観光誘客(魅力発信・観光資源発掘)、移住(二地域移住・長期滞在)等をテーマに、取材・編集したオリジナル冊子を作成し、全国100都市(地域選定可)から、最大約2万局の郵便局で、郵便局員が手渡し配布を行います。配布対象者は一般来局者であり、性別・年齢・地域での区分配布(セグメント配布)が可能です。また、読者アンケートはがきの集計分析をセットしているため効果検証を図ることができます。

既に、ブランド産品の普及強化を目的とした「浜名湖のうなぎにどきどき」(6月刊行)、移住支援/地域活性を目的とする「南房総市の週末ライフにどきどき」(7月刊行)が決定しています。

「南房総市の週末ライフにどきどき」では、日本ユニシス株式会社(本社:東京都江東区豊洲)が提供するAR(拡張現実)技術を使った動画コンテンツを盛り込み、南房総市の美しい風景やサーフシーンなどの映像による情報提供も行っております。

白形社長は「メディアには人生を変えるチカラがあると考えている。弊社で培ってきた企業/団体の会報誌(オウンドメディア)、シニア情報誌、通販冊子等の経験を活かし、各市町村の魅力を「一冊のメディア」として全国に紹介できないか、と考えました。配布先を郵便局の手渡しという仕組みにしたのは、信頼のある人を介すると情報がより高い精度で伝わるため。日本全国をカバーする郵便局は信頼感が高く、地域に密着し、消費者の一番近くにいる存在であると考えている。「人生を変えるメディア」そして「信頼感ある郵便局展開」。この2つが融合することで地域の魅力発信を強化できるので、地域創生、シティプロモーション、移住など様々なテーマで有効活用して欲しい。」と冊子を紹介している。

代表の白形は、都内の大手広告会社を辞めて鹿児島の離島に移住し地域創生を担った経験があり、地域活性/人材活用/魅力発信に関する知見が高い。編集統括役員の馬弓(まゆみ)は、旅行情報誌「じゃらん」に創刊時から携わり副編集長まで務め、日本における地域創生の一助を担ってきた。読者の「作り手の気持ちや想いが感じられる商品が好きだ」、「いいものをちゃんと知りたい」、「背中を押してほしい」という欲求と、顔の見える関係性と信頼ある日本最大級のネットワークである郵便局内での冊子配布が融合し、地域の魅力と消費者の想いが出会える場づくりとなることが期待される。

▼本件に関するお問合せ先

株式会社ソーシャルサービス 担当:長谷川幸恵
TEL:03-6268- 8577 FAX:03-6268- 8578
Email:dokidoki@sc-sv.com  CP:090-3533- 9096
東京都千代田区霞が関3-6- 5  霞が関三丁目ビル